スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、やってまいりますた

「動作が遅い、重い(上級編)」ですよ!

えらい日が開いたわねって?
忙しかったのよヽ(`Д´)ノプンプン

じゃぁいきますわよ。

の前にひとつ。

今日やる操作は慎重にお願いしまんこ。
間違って違うとこやっちゃったりしたら、ほんとに起動しなくなったりするかもよ!

あ、今日の操作もVistaもほぼ一緒です。


さて、まずは「スタート」→「ファイル名を指定して実行」(Vistaなら「検索の開始」)
「regedit」と入力し「OK」

file.jpg


「レジストリエディタ」が起動しましたね!

ここからは、いろんなキーの値を変更していきたいと思います。


そして、見方なのですが、例えば以下のように書かれている場合は
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」
文字列[CmdLine]

registry.jpg

画面右側の「CmdLine」というキーを指していることとなります。

このキーをダブルクリックすることによって編集画面が出ます。

>「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」
>文字列[CmdLine]
 ↑この「文字列」というところが、「DWORD値」とかに変わることもありますが、値の種類の違いですので、気にしないでおk

もし。キーが見当たらなかった場合は新しく作ってください。

作り方は、画面右側の空白で右クリック「新規」→「(文字列なら)文字列値、(DWORDなら)DWORD値をくりっこ。

reg2.jpg

文字列の名前と値を入力してください。

ということで、具体的な内容に入っていきたいと思います。
最初だけわかりやすくSSのっけときま!

・「メニューの表示速度変更」
「HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\desktop」
文字列[MenuShowDelay]値[10] (※Vistaは値「0」でおk)

Menu.jpg

・「動作効率の向上」
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\PriorityControl
DWORD値[IRQ8Priority]値[1]

IRQ.jpg

・「プロセスを分離して高速化」
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer」
DWORD値[DesktopProcess]値[1]

・「ハードディスクの負担を軽くする」
「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Dfrg\BootOptimizeFunction」
文字列[Enable]値[Y]

・「断片化を少なくする」
「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem」
DWORD値[ContigFileAllocSize]値[1000]
※16進数にチェックが入っていることを確認!

・「カーネルメモリを最適化」
「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management」
DWORD値[DisablePagingExecutive]値[1]

・「メモリ効率を最適化」
「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management」
DWORD値[IoPageLockLimit]
値[(メモリが128MB以上256MB未満の場合)4000、(256MB以上512MB未満)10000、(512MB以上1024MB未満)20000、(1024MB以上)40000]
※16進数にチェックが入っていることを確認!

・「アイコンキャッシュを増やす」
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer]
文字列[MaxCachedIcon]値[2048]

・「ワトソン博士を停止させる」
レジストリ編集の前に、
「ファイル名を指定して実行」→「drwtsn32」と入力し「OK」
「Windowsワトソン博士」というウィンドウが出るので、「オプション」の全てのチェックを外し「OK」

watoson.jpg

次にレジストリの編集
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AeDebug]
文字列[Auto]値[0]



上記が全部終わったら「×」でレジストリエディタを閉じてPCを再起動!
これで、設定が変更されるのよ!

さぁ、今まで(前前回、前回)のことを行ってみて起動や動作は早くなりましたでしょうか!?

まだ遅いという方は・・・











おとなしくはいすぺっこPCに買い換えろ^p^




ということで「動作が遅い、重い」は以上です。

特に次のネタもきまってないので、何かこんなこと知りたい!こういうときはどうすればいいの?
とかがあれば、コメに書いてくれればやるかもしれないよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。